日帰り海外旅行

台湾へ日帰りで旅行に行こう!持ち物やおすすめ観光スポット・グルメ

台湾のマンゴー

 

みなさんこんにちは!

日帰り旅行が大好きな管理人です!

 

「台湾」は日本からも近くてパッと行ける旅行先のひとつです。

 

でもね、実は台湾って日帰りでも行けるって知っていました!?

日帰り海外旅行ですよ!!

 

 

 

今回は私が実際に行った台湾の日帰り旅行の情報と共に、おすすめグルメや観光スポット、はじめての台湾旅行での注意点や持ちものなどを紹介します!

 

台湾にいってみようかなと思う方は参考にしてみてくださいっ

 

 

台湾に日帰りで行くメリット

台湾は海外旅行先としては日本人にかなりおすすめ。

台湾のおすすめポイント

  • 英語と日本語が通じるから安心
  • 親日で治安が良い
  • 食事がおいしい
  • 物価が安い

 

 

さらに日帰りで台湾に旅行するメリットはこちら。

日帰りのメリット

  • 日本に近いので搭乗時間が短い=飛行機の時間も融通がききやすい
  • 時間を有効に使える

 

「時間を有効に使える」というのはかなりのメリット。

「休みはなかなか取れないから海外旅行になんて行けないよ」

なんて方でも2日も休みがあれば台湾と日本を往復してもまだ十分休めるくらい時間に余裕があります。

 

 

 

台湾に日帰りで行くデメリット

逆に日帰りで台湾に行くデメリットとしては以下の点が考えられます。

日帰りのデメリット

  • 深夜便を利用すると、日中はすこし眠いかも
  • 行きたい場所がいくつもあると、全部は回れないかも

 

それでもデメリットはこのぐらいです。

むしろ時間が限られている分、本当に行きたいところだけ観光できると思いますよ。

 

 

台湾の言語

台湾の言語としては主に

・北京語

・台湾語

・中国語

が使われています。

しかし英語もある程度通じますので、ご安心を。

 

 

また、台湾は親日で有名です。

日本人にはとてもやさしく、日本語を話せる人も結構います。

 

もちろん、空港の係員や案内係の人は英語も日本語もそれなりに離せますので、心配はいりません。

メモ帳に漢字を書くと結構伝わりますので、筆記用具を持って行くのがおすすめかも。

 

 

 

台湾旅行の持ち物(日帰りを想定)

持ち物【必需品】

私の体験として、本当に必要だったものを厳選してご紹介します!

 

パスポートと航空券(チケット)

まずはこれ。航空券に関しては言うまでもないですね。

 

パスポートについては、持っていない方は早めに申請して手に入れておきましょう。

当日持って無いと確実に出発できません。

ちなみにパスポート申請からは2週間ほどで手に入ります。

 

 

すでに持っているよーという方も期限を確認しておきましょう。

期限が3か月を切っていると台湾に行けないので要注意。

5年用と10年用のパスポートがありますので、間違いのないように。

 

無くした場合は確実に取り残されます。

他の物は最悪現地で調達できますが、パスポートと航空券だけは忘れないようにチェックしておきましょう!

 

 

機内持ち込み可能なサイズのバッグ

一泊程度だったら、搭乗席に持ち込めるバッグがおすすめ。

お土産は手荷物1つまでは持ち込めます。

 

個人的には両手がフリーになるリュックが食べ歩きに便利でした。

海外旅行では預けた荷物の紛失盗難もよくあるので、預ける荷物がある場合には注意。

日帰り旅行程度だったら、リュックひとつで収まるぐらいの荷物にしておくことをおすすめします。

 

 

スマートフォン

お店や移動手段、天気などを調べるためにフル活用でした。

情報収集にネット環境は欠かせません。

と言うか、連絡取れないと不安ですし、これはみなさんお持ちですよね!

言うまでもなかったかもしれません。

 

 

現地で使えるWiFi、もしくはsimカード

現地では必ずネットが使えるようにしておきましょう。

ネット回線はイモトのWiFiで事前に契約しておくと便利。

現地に到着してから契約することもできます。

 

私の場合は、当日スムーズに利用できるように事前に契約をしておきました。

時間がもったいないので、当日の契約は最終手段とするのが吉でしょう。

 

個人的に台湾以外にも海外各国へ対応しているイモトのWiFiがおすすめ。

日本での受け取りが可能で、名前を伝えるだけで受け取りができます。

テレビでもおなじみのイモトさんが紹介しているWiFiサービスですね。学割などもあるので利用したい場合は要チェック。

イモトのWiFi

 

 

充電器・モバイルバッテリー

スマートフォンの充電がなくなっては命取り。

充電器でモバイルバッテリーにも充電ができますし、空港でも充電できますので必ず持っていきましょう。

いくつもモバイルバッテリーは使いましたが個人的にはANKERのモバイルバッテリーが圧倒的に安くて使いやすくておすすめ。

 

 

日本円

台湾ドルに両替をするために、まとまった日本円を用意しましょう。

すべてを両替せずに日本円を少し残しておくと帰ってきた後にお金を下ろさずに済みます。

台湾の日帰り旅行では、2万円ほどを台湾ドルに両替しておけば一日持つでしょう。

不安なら3万円ほど両替するといいかも。

 

 

クレジットカード

出費が多いときに便利。また、お金のトラブルなど何かあった時のためにも1枚は持っていきましょう。

使えないお店もあるので、ブランド別で2枚持っておくのがおすすめ。またカード会社のメンテナンスやエラーの時にも2枚持っておくと安心ですね。

 

おすすめは海外旅行保険が自動付帯のクレジットカードです。

わざわざ新たに海外旅行保険を契約しておかなくても、必要になった時に海外で保険が適応されます。

 

海外で保険が適応されないと、高額な医療費が請求されることがあります。

盲腸の手術で300万円の請求が来るなど、日本では数万円に収まる治療費が何百万の請求になる例もあるそうです。

皆さんも海外旅行に行く際にはご注意を。

 

 

持ち物【あると便利なもの】

ここからは台湾旅行で持っていると便利だと感じた持ち物の紹介です。

 

ウェットティッシュ

食べ歩きのお供です。

結構手がタレでよごれるような食べ物も多かったので、1パックあれば嬉しいですね。

汚れた手をきれいに。気持ちもきれいに。

 

 

ビニール袋

ゴミを入れたり、食べきれない食べ物を一時的にしまっておいたり万能。

小さいのと大きいのがあるとGood!

 

ガイドブック

事前に行きたいところに目星をつけておくと時間を上手に使えます。

また、飛行機での時間つぶしにも良いでしょう。

スマホでも調べることはできますが、やはりガイドブックぐらいの大きさでいろいろと情報収集をしながら歩くのが楽しい!!

 

台湾日帰り旅行の持ち物まとめ

必須の持ち物

  • パスポート、航空券
  • スマートフォン
  • WiFiルーターもしくはsimカード
  • 充電器・モバイルバッテリー
  • 日本円
  • クレジットカード

あると便利

  • ウェットティッシュ
  • ビニール袋
  • ガイドブック

忘れずに持っていきましょう!

 

 

 

日帰り台湾旅行のおすすめ観光スポット

九份(きゅうふん)

 

この投稿をInstagramで見る

 

雄獅旅遊さん(@liontravel.tw)がシェアした投稿 -

 

九份は台湾で超有名な観光スポットです!

台北から2時間半ほどバスに揺られながら、山の中へ進んでいくと、伝統的な建物や食べ歩きのできる観光スポットが現れます。

夕方の提灯がとーーーっても綺麗なんです!!!

しかもここ、ジブリ映画「千と千尋の神隠し」のモデルになったとも噂されているおすすめの観光名所です。

夕暮れ時に九份の提灯を眺めるのがおすすめ。

 

 

士林夜市(しーりんよるいち)

台湾では夜市が有名です!

食べ歩きのおすすめグルメもたくさんあって、台湾に行ったならばぜひとも行くべき観光スポット。

夜市はたくさんありますが、中でも士林夜市は台北最大級の夜市。

夜ご飯はここでバッチリ食べ歩きできます♪

 

台北101

 

この投稿をInstagramで見る

 

Sky Kueiさん(@sky_kuei)がシェアした投稿 -

台北にある最大級のショッピングモールである、台北101。

ちょっとしたお買い物やお土産はここで探すのも良いかもしれません。

 

上の階からは台湾の全貌が見えちゃいますね!

台湾に来たら一度は行ってみたい建物!

夜はひと際ライトアップされていて幻想的ですよ。

 

 

日帰りでも楽しみたい台湾おすすめのグルメ・食べ物

台湾のマンゴー

私が日帰り旅行の中でも絶対に口にしてほしい!と思ったのはこの3つ!

 

世界一の小籠包

鼎泰豊(ディンタイフォン)の小籠包。

「世界一の小籠包」とも言われています。

日本にもあるお店ですが、一度は本場で味わいたい一品です。

台湾には何か所か有名な小籠包のお店がありますので、鼎泰豊が埋まっている場合には近くのお店でもおいしい小籠包をいただけます。

 

 

マンゴーかき氷

台湾と言えば、マンゴー!

台湾ではマンゴーをたーっぷり使ったマンゴーかき氷が有名。

夜市で売っていることが多いので、食べ歩きの時の口直しにも。

 

 

タピオカミルクティー

台湾ではタピオカミルクティーが良く飲まれています。

というか、タピオカが日本でも超ブーム!!

ぜひ本場のタピオカを飲んできてください!

 

チェーン店もたくさんあり、どれもクオリティが高いと有名なんですよね。

有名どころでは50嵐(ウーシーラン)のタピオカミルクティー。

台北市内にもたくさんの店舗があるみたいですので、是非とも飲むべき一品。

 

 

 

台湾日帰り旅行のコース・プランは?

 

今回の台湾一人旅の日程はこんな感じでした!

・羽田空港に前泊

・朝発のピーチ航空で台湾へ

・台湾の桃園国際空港到着

・桃園から台北へ

・台北から九份(きゅうふん)へ

・九份観光~食べ歩き

・九分から台北方面の夜市へ

・桃園国際空港へ

・桃園国際空港から羽田空港へ

 

 

それでは順を追って簡単に旅行記を・・・

 

 

 

日帰り台湾旅行の1日の流れ

わたしが体験した日帰り台湾旅行の流れを紹介します。参考程度に。

 

羽田空港に前泊

行きは羽田空港からの格安ピーチ航空です。

ピーチの格安チケットは本当に安い!

往復のチケット代はなんと15,000円程度!

JALやANAなどと比べると、サービスが若干シンプルですが、台湾までは4時間ほどの短い旅なので機内食も食べないつもりでした。

問題なし。

 

ネットで事前にチケットを購入しておいたので、出発時間までは空港で時間をつぶします。

出発時刻は朝の5:50。

始発では羽田空港に間に合わないため、前日の終電で羽田空港に到着していました。

羽田空港、久しぶりに行きましたが、ここがすでに観光地みたいな空間になっているのですね・・・!

程よくライトアップされていて綺麗。

心地よく眠れそう。

ベンチがたくさんあるので、飛行機を待っている人たちがたくさんいました。

ベンチですやすやと寝ている人も多かったです。

 

羽田空港内には

・茶屋

・ラーメン屋

・居酒屋

・カフェ

などがあり、深夜帯に開いているお店も結構あります。

わたしはこの時間にガイドブックで台湾の観光スポットの復習。

 

 

ちなみに・・・

台湾は急な雨が多い国です。

傘などの雨具は必須と聞き、この日のためにTimberlandの防水靴を購入!

 

観光中に足がぐちょぐちょに濡れるのは避けたいですからね。個人的には雨の日の足元の防水はかなり重要だと思っています。

せっかくの旅行ですので、気持ちよく観光したいですし。雨のよく降る場所への旅行に雨具は必須のアイテムだと思います。

 

空港のターミナルでは事前に登録しておいたWifiを受け取りました。

受け取りカウンターがあったので、そこで名前を言うだけですんなりと受け取ることができました。

 

 

深夜便で台湾へ

ピーチ航空の便で台湾へ。

こちらは台湾の上空。

羽田から約4時間のフライトでした。

わくわくからか、一睡もしないでガイドブックを読み漁りました。

さて、ここからが本番。台湾観光の始まり!

 

 

台湾ドルに両替

台湾に到着。桃園国際空港。

入国手続きを済ませていざ観光へ!

…とその前に、観光のためにやるべきことを済ませます。

 

 

まず、台湾の現地通貨を手に入れます。

お金がないと何も買えないですからね。

一応台湾の都市部でも銀行などで両替はできるみたいですが、そこに行くまでにお金がかかります。

クレジットカードだけでは不安でしたので、事前に両替をしておきます。

 

 

ちなみにこの時、1台湾ドル=約3.7円。

現地の値段を4倍すれば、ほぼ日本円として換算できると考えておけばOK。

 

食べ歩き目当ての日帰り旅行でしたので、2万円を台湾ドルに両替しました。

これでお金の準備はバッチリです。

 

 

 

悠遊カード(EASY CARD)を購入

台湾にある日本のPASMOやSuicaなどのような悠遊カード(EASY CARD)

MRTと呼ばれる鉄道やバス、コンビニで大活躍ですので、必ず購入しておきます。

 

カウンターのお姉さんが英語ができたので、ジェスチャーと不慣れな英語で購入。

お姉さんは外国人観光客に慣れている様子で、私が外国人とわかるとすぐにパンフレットと電卓を出してジェスチャーとハキハキとした英語で分かりやすく教えてくれました。

とても緊張してうまく話せなかったと思いますが、親切なお姉さんに感謝です。

 

ちなみに悠遊カードは自動券売機でも購入可能。お好みで。

最初に多めにチャージしておくと今後の一人旅が楽チンです。

 

 

桃園国際空港~台北~九份へ

桃園国際空港からMRTに乗り、台北市内へ。大体40分くらい。

下に英語も書いてあるのでわかりやすいですね。

そして台北に到着。

台北辺りは日本とそんなに印象は変わらない感じ。

黄色いタクシーとバイクがやたら多いのに驚き。

 

注意点としてはMRT内では飲食禁止です。 罰金も高いので日本の感覚で飲み物を飲んでしまわないように。

 

台北から、九份へはバスで2時間ほどを移動していきます。

高速道路のような道を進みつつ、どんどん山の中に近づいていきます。

 

九份で食べ歩き

九份に到着!セブンイレブンが入り口の目印です。金曜日なのに土日の原宿ぐらい混んでいました。

人が多いですが、コンビニの右の通りを流れに沿って進んでいきます。

 

さあ、ここからが食べ歩きの旅スタート!

 

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

dak.nzさん(@daiki.bigwood)がシェアした投稿 -

印象的だった食べ物をいくつか紹介。

クラゲのようなゼリー状のものにお肉が入っている。UFOみたい。

注文するとカットしてカップに入れてくれました。

茶色のソースをかけて渡される…。

一口食べてみると、すっぱい!香草?のような味がする。

私の口には合わなかったですが、頑張って食べきる。20元(約80円)

 

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kamikado Masahitoさん(@mkamikado)がシェアした投稿 -

こんなのもありましたね。芋で作ったお餅が入っています。暖かくて控えめの甘さ。

雨で少し寒かったので、体が温まりました。50元(約200円)

ちなみにこちら英語で「タロボール」と言うみたいです。日本語で書かれているメニューもありました!

 

 

 

他にもいろいろと出店?があり、紹介しきれないほど。

実際に行ってみて雰囲気と味を楽しんでくださいね。

 

 

 

台北で鼎泰豐(ディンタイフォン)の小籠包を

日本でも有名な鼎泰豐に行きました。

「世界一の小籠包」なんて言われているほどの有名店。

絶対食べたかったおすすめのグルメです!

 

この投稿をInstagramで見る

 

akoさん(@___a50a___)がシェアした投稿 -

 

夕方に行ったので、一人でもすんなりと席へ案内してもらえました。

日本語で小籠包の食べ方が書いてあります。日本人もよく訪れるお店なので配慮が行き届いています。

 

世界一と言われる小籠包と台湾ビールで乾杯しました。

小籠包は思ったより中の汁が控えめで食べやすかったです。

でも、皮が柔らかいからよりジューシーに感じる。最高でした。今まで食べた小籠包で一番おいしかったです。

ヘチマとエビ入りの小籠包が好みでした。

 

 

MRTで士林夜市へ

MRTに乗り、台湾最大の夜市へ向かいます。

と、ここでやりたかった足つぼマッサージ!

台湾に来たら足つぼマッサージにもぜひ足を運んでみてください!

 

今回は時間がなかったので30分コースで突撃。

最初にかなり熱いお湯で足を温めてからマッサージが始まります。わたしはおばちゃんが担当してくれました。

クリームを足に塗りたくって、こすりつけるように押してきます。正直、女性の力でも十分気持ちよかった。

男性スタッフにマッサージされていた他の観光客はうめき声を上げていました。

 

30分コース400元(約1600円)

足もほぐれ、夜市へ向かいます。

 

 

士林夜市に到着!さあ、最後の食べ歩きです。

オーギョーチや名物のマンゴーかき氷をいただきました(*'▽')

 

 

 

台湾のお土産を買う

台湾のお土産といえば・・・パイナップルケーキだそう。知らなかった!

▼これがパイナップルケーキです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

nakachan( *´艸`)さん(@nakachans)がシェアした投稿 -

そこまでパイナップル感はなく、しっとりと程よい甘さ。

なるほどね、おいしかったです。

 

さあ、夜市をひと通り満喫できたので、空港へ向かいます。

そして桃園国際空港から、台湾またね~と飛行機に乗って羽田空港へ向かいます。

 

 

羽田空港へ到着

日本に戻ってまいりました。しかし時間は深夜の1時過ぎ。またもや羽田で1泊です。

みなさんベンチで寝てましたね。

私も周りの人に習い、ベンチで朝まで時間をつぶしました。

 

羽田空港にはベンチがたくさんありますので、探せばどこかしらで休憩できます。

この後始発で帰って今回の旅は終了~♪

 

 

日帰りで台湾旅行に足を運んでみては?

さて、こんな感じで台湾旅行を日帰りで楽しんできました。

いやー、台湾は日本人にやさしく、おいしい食べ物も多かったように思います。とっても楽しかった!

 

フライト時間も4時間ほどと短めなので、気軽に海外に行ってみたい人にはとてもおすすめです!

日帰りでも十分楽しんでこれますので、ぜひ台湾へ足を運んでみてくださいね!

 

-日帰り海外旅行
-,

Copyright© 日帰り旅行のススメ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.